絵本工房メモリーズブックのオリジナル絵本(セミオーダー絵本)は、出産祝い・誕生日・クリスマスプレゼント等に最適です!           <HOME>

男の子・女の子向け 誕生日絵本
 “きょうは すてきな たからさがしびより” 本文11ページ 3,000円(税込)

 「きょうは すてきな たからさがしびより」の絵とお話をご紹介しています。名前の部分がお子さんや
 プレゼントをしたい人の名前に変えられます。
 最終ページに50文字程度のメッセージを入れることができます。
    (実際はすべて 黒字になります)                 

         

   きょうは すてきな たからさがしびより




   さく : わたなべ ちとせ

   企画・編集 メモリーズブック
  

  「おはよう。」
 と、おとうさん。

  「おはよう。」
 と、おかあさん。

  「おふぁよん。」
 
ゆうちゃんは まだゆめのなか みたいですね。

 かおをあらって ふくを きがえて、
 おみみを ピン! と ととのえたら あさごはん。

 「いただきまぁす!」

 すると おとうさんが いいました。
  「きょうは おひさまが ピカピカ している。
 これは まさしく たからさがしびより だ。」

  「たからさがし?」
 
ゆうちゃんは、おもわず ききかえしました。
  「じつは・・・・・・。」
 おとうさんが、はなしはじめました。 
  「この いえのどこかに おとうさんと おかあさんの たからものがある。」
  「おとうさんと おかあさんの?」
  「そう、それを 
ゆうちゃん おまえに みつけだしてもらいたい。」
  「ひとりで?」
  「うむ、てつだいたくても てつだえないのだ。
  たからものは こどもにだけ さがす しかくがあるのだよ。」
  「ふうん・・・。」
  
  「おとうさんも おかあさんも こどものころ やったのだ。」
  「みつかった?」
  「もちろん!」

 
ゆうちゃんは、 さっそく たからさがしを はじめることにしました。
 おかあさんが おべんとうを つくってくれました。
  「どこから さがそうかな?」
 
ゆうちゃんは うでぐみしながら かんがえます。
 そのとき ゆかいたの すきまから きこえてきたのは・・・・・・
  
  「ちゅちゅちゅ、ちゅうちゅう。」

  「・・・・・・そうだ! ちかしつに いってみようっと。」

 
ゆうちゃんは、おうちの ちかしつに おりてみました。
  「あ、ねずみさん もぐらさん、こんにちは。」
  「あっ! 
ゆうちゃん! こ、こんにちは!」
  「こ、こんにちは。」
 ねずみさんと もぐらさんは あせ だくだく。
  「みんなで、なにしてたの?」
  「え、ええと・・・・・・そう、もぐらさんの おてつだい!」
  「あ、あたらしい へやと ろうかを ほってた!」
  「ふ〜ん?」
 
ゆうちゃんは ちかしつを キョロキョロ。
  「ここには、たからものは ないみたい・・・・・・。」
  「たからものだって?」
 ねずみさんと もぐらさんは ききました。
  「ものおきは もう みた?」
  「ものおきは ・・・・・・ まだ!」
 そこで、
ゆうちゃんは ものおきを さがすことにしました。
  「あ、ねこさん いぬさん、こんにちは。」
  「あ、
ゆうちゃん! こ、こんにちは!」
  「こ、 こ、 こんにちは!」
 ねこさんと いぬさんは、あせ だくだく。
  「みんなで なにしてたの?」
  「え、ええと・・・・・・そう! ダンスの れんしゅう!」
 ねこさんと いぬさんは、てをつなぐと ぎくしゃく ぎくしゃく
 おおきな かがみのまえで おどってみせました。
 
ゆうちゃんは ものおきを キョロキョロ。
  「ここにも たからものは ないみたい・・・・・・。」
  「たからものだって?」
 ねこさんと いぬさんは ききました。
  「やねうらは、もう みた?」
  「やねうらは ・・・・・・ まだ!」
 そこで 
ゆうちゃんは やねうらを さがすことにしました。
  「あ、りすさん ことりさん こんにちは。」
  「あっ! 
ゆうちゃん! こ、こんにちは!」
  「こ、 こ、 こんにちは!」
 りすさんと ことりさんは あせ だくだく。
  「みんなで なにしてたの?」

  「え、ええと・・・・・・そう! おそうじ おそうじ!」
  「わたしの はねは はたき! りすさんの しっぽは、ほら ほうき!」
 りすさんと ことりさんは、パタパタ サッサ、パタパタ サッサ。
 あたりを はらってみせました。
  「ふ〜ん?」
 
ゆうちゃんは、やねうらを キョロキョロ。
  「ここにも たからものは ないみたい・・・・・・。」
  「たからものだって?」
 りすさんと ことりさんは ききました。
  「それはそうと 
ゆうちゃん おべんとうは もう たべた?」
  「おべんとうは ・・・・・・ まだ!」
 そこで 
ゆうちゃんは りすさんや ことりさんと いっしょに
 おべんとうを たべました。
  「ふぁあ〜。」
 
ゆうちゃんは、おおきな あくびを ひとつ。
  「ちょっと ひとやすみ。」

 
ゆうちゃんは、コロンと よこになると めをつぶりました。

  『しょりしょりっ、 しょりしょりっ、 しょりしょりっ。』
 おとうさんが、しばふを かっている おとが きこえています。

  「ぴちく、 ぴちく、 ぴちく。」
 ことりさんの こえが きこえます。

  『さわさわ、さわさわ。』
 まどから あたたかな かぜが ふわりと あそびにきます。
 
  「んぁ ・・・・・・ あれ?」
 めがさめると もう ゆうがたでした。

  「たからもの、 みつからなかった ・・・・・・。」

 いえのなかは、 しんとして しずかです。
  「おとうさん? おかあさん>」
 いえのなかは やっぱり しずかです。

  「みんな ・・・・・・ どこに いっちゃったの? ・・・・・・ あれ?」
 玄関のとびらに、 かみが はってあります。
  「おそとに なにか あるのかな?」

 ゆうちゃんは そうっと とびらを あけてみました。
 おひさまは しずんで、 あたりは うすぐらくなっていました。
  「あれっ? そこにも ・・・・・・ あっ! あっちにも!」
 てんてんと かみが おいてあります。
 どうやら おにわに つづいて いるようです。
 そのうち しばふが かられたばかりの すがすがしい くさの
 においに まじって フワリと ただよってきたのは あま〜い かおり。
  (ん? これって ・・・・・・ ケー ・・・・・・ キ?)
 
ゆうちゃんが おもった そのとき。
 あたりが パアッと あかるくなって みんなのこえが
 おにわいっぱいに ひろがりました。
  「たからもの、 みーつけたーっ!」
  「 ・・・・・・ えっ?」
 そうなのです。
 おとうさんと おかあさんの たからもの。
 それは、 
ゆうちゃん だったのです。 
 ゆうちゃんは、 たからもの
 せかいじゅうで たったひとつの たからもの。

 たくさんの えがおが 
ゆうちゃんの まわりに ひろがりました。

 みんなで いっしょに いち、 にの、 さんっ!

  『ゆうちゃん
       おたんじょうび、 おめでとう!』



                    (おしまい)

 (例)    
ゆうちゃんが いつまでも しあわせで ありますように
             こころからの ねがいをこめて

              この えほんを おくります。




            (50字程度の メッセージを入れられます)


ご注文は、簡単です!

お知らせ頂くのは右の5項目だけ!
 @ 「ご希望の絵本」
 A 「主人公の名前」 (ひらがなで、 〜ちゃん・等の呼び名) 
 B 「お客様の住所・氏名・連絡先」
 C 「絵本の送付先」

 D 最終ページのメッセージ (ご希望があれば)
     
メッセージのご指定が無い場合は、上記見本の
     メッセージが入ります。(文字数は、ご希望にお応え
     できるようご相談に応じます)
 
 上記項目をメールにコピー&ペースト
 して必要事項を追記し、ご注文下さい。


               メールでご注文  


FC2 キャッシング 掲示板 無料アクセス解析