クリーン
1.ファーストプル
 背筋をしっかり伸ばし、腕はしっかりと伸ばす。胸を張り、頭を天井方向に真っ直ぐあげるようなイメージで引き出す。

2.セカンドプル
 腰のあたりまでバーを引いたところで、膝関節をしっかり伸ばす要領で床を蹴る。その反動を利用してバーを肩の上(鎖骨の上)まで引きあげる。この時、肘をしっかり返す。

3.バーの支持と立ち上がり
 バーを肩(鎖骨の上)で受ける。肘をしっかり返し、バーを体全体で支えるイメージで行う。最終的にはスクワットスタイルで支持をする。そして立ち上がり、ジャーク動作に移る。

クリーンにおける注意点
1.ファーストプル
・背筋部を緊張させて曲げないようにする。
・腕を伸ばして胸を張るようにする。
・バーを膝が通過するときは、肩の位置が重心より後ろにいかないようにする。
・できるだけバーが体の近くを通過するようにする。
2.セカンドプル
・しっかり腕を伸ばしてから膝を伸ばし床を蹴る。
・床を蹴り上げた反動が有効にバーに伝えられるように背筋をしっかり伸ばす。
・バーに床を蹴った反動が伝わった段階で、体全体を使ってバーのコースをコントロールす
 る。
・肘をしっかりと高く上げたあと肘を返しながら手首を返す。
3.バーの支持
・肘をしっかりと返しておく。
・胸をしっかりと張り、肘が膝などに触れないように注意する。
・重心の位置を変えないように真っ直ぐ立ち上がる。

戻る