・115 夜咄行灯
・109 センサー付角行灯
47000円

・121 糸巻造行灯

・117 平坐行灯
・101 短檠
森と海をテーマにした
行灯です。
2015年岐阜市美術展
入賞作品です。

       38000円
・114 立礼茶室行灯
・112 猫間障子入行灯
・126 書院棚行灯
・102 手燭行灯
47000円
・118 クールライト


42000円

・104 角行灯T
・107 連子造行灯

・116 有明行灯

・200 楓拭漆卓


52000円



・105 角行灯U






鎌倉末期から江戸にかけて使われた灯火具の一つです。ろうそく台が竿の溝を上下し、高さが自由に調節できます。
昔の葛籠をモチーフにし
た行灯です。
2011年岐阜市美術展
入選作品です。
17000円

LEDを使用した、自由に
持ち運びできる行灯です。
2016年岐阜市美術展
入賞作品です。

       42000円
・124 手提箱行灯
・123 五角堂行灯

・120 葛籠形行灯  

・119 八角行灯
・111 二の字くづし造行灯
・108 四季行灯
・106 四方転茶室行灯
・103 看板行灯
親子が連れ添って歩く姿を
表現した木育行灯です。
2019年岐阜市美術展
委嘱作家作品です。

        35000円

鏡板張りのシルエット型
行灯です

2014年岐阜市美術展
入選作品です。


      35000円

シンプルな拭漆の平卓
です。
2012年岐阜市美術展
入賞作品です。

手織りの糸巻きをモチー
フにした行灯です。
2013年岐阜市美術展
入賞作品です。


      42000円



江戸初期頃から使われた行灯です。別名夜道行灯ともいわれました。
55000円
オリジナルなデザインにも応じます。どうぞお気軽にお申し付けください。


江戸時代の店先看板をイメージしてつくりました。和紙は外貼りです。
長良スギの白太を使い、清潔な感じを出しました。組子は床の間、茶室等に合うようにシンプルで飾り気のないものにしました。
障子の組子に、旧中山道の宿場町で使われていた竹の組子のデザインを取り入れました。
京都の古いお寺の茶室をイメージしてつくりました。継手は、京指物の技術でも複雑な流れ三方留めを採用しました。
秋の紅葉の山々をイメージしてつくりました。衝立の和紙を貼り替えることにより、四季折々の風情を楽しむことができます。
伝統的な京町家の格子の美しさを表現しました。2006年可児市美術展入選作品です。
より安全で、やすらぎのある光源として、センサー(京都・アーベル社製)を組み込みました。風により光のゆらぎを感じることができます。
12500円
京指物の美しさを表現
した行灯です。
2017年岐阜市美術展
入賞作品です。

       55000円
・110 枕元行灯
・127 童唄調行灯
霞組にミズナラ,ウリハダ
カエデの透彫りの行灯です。
2018年岐阜市美術展
入選作品です。

        42000円
・125 茶室棚行灯


・122 飾棚付行灯


25000円
25000円
35000円
35000円
35000円
42000円
42000円
85000円
・税込み価格

光と影をより強く表現するため、透かし彫りを取り入れました。立体感が生まれ、何かホッとした感じがいたします。
42000円
伝統的な組子を四方に取り入れ、また、台輪の表には緋色の木綿を貼りました。「木と和紙と布」を使った京風の行灯をお楽しみください。
42000円

日本人の精神文化である光と陰を表現し、また片引きの障子戸を組入れ、直接光で書物が読めるようにしました。2007工芸都市高岡クラフトコンペ入選作品です。
47000円

・113 刳足京行灯
42000円
京風の瀟洒な中にモダンな感じを表現するため、2本の脚を猫足としました。
2007年可児市美術展入選作品です。

組子を入れずシンプルな形にしました。棹も柾目の六角形です。
58000円

三面を鏡板張りとし、その中に小格子窓を付けました。
又、大戸を付け、電球とろうそくの双方が使用できるようにしました。
2008年岐阜市美術展入選作品です。

京指物の繊細で美しい継手(本腰他)を採用し、日常小物等を入れる小引出しを付けました。
和紙の青色は、有明の空をイメージしています。2009年岐阜市美術展入賞作品です。

木画調の箱行灯で、組子は入子菱です。
47000円

クールとは「かっこいい」という意味です。小振りな一人用の行灯です。

イチイとコウヤマキの透彫りの行灯です。
2010年岐阜市美術展入賞作品です。